プレモン通販|プレモンは更年期障害で苦しむ女性専用ホルモン薬です。

プレモン 0.625mg プレモン 1.25mg

 

プレモンは更年期障害で苦しむ女性専用ホルモン薬です。

プレモン通販サイトはこちら

↓↓↓↓

プレモン 0.625mg

プレモン 1.25mg

ホルモン補充療法(プレモン通販)

ホルモン補充療法

やたらイライラする時期があれば、心身共に絶好調な時期があったり、

 

そんな女の人特有のリズムを作り出しているのが、2大女性ホルモン。

 

(卵胞ホルモン)エストロゲンと(黄体ホルモン)プロゲステロンです。

 

近年、更年期障害でお悩みの女性が増えており、女性ホルモン剤を服用する方々の数が年々増えています。

 

エストロゲンは年齢を重ねるごとに減少し、お肌の張りや弾力が失われると原因の一つと言われております。

 

ホルモン補充療法は更年期症状、更年期障害の治療方法で、閉経前後に不足してきたエストロゲンを補充する治療です。

 

のぼせ、汗、冷え、動悸、頭痛、眩暈、肩こり、腰痛、不眠、イライラなど更年期障害の症状を軽減する効果があります。

 

ホルモン補充療法では、子宮体がんの発症を抑えるために(黄体ホルモン)プロゲステロンという女性ホルモンを併用します。

更年期とは(プレモン通販)

更年期とは

プレモン通販|肩こり更年期障害

更年期とは閉経をはさんだ前後5年の約10年を指します。

 

一般的には45歳から55歳くらいの時期がこの時期は女性ホルモンの分泌が乱れ、さまざまな症状が現れます。

 

この女性ホルモンの分泌の乱れが、月経不順や体調不良なの原因になります。

 

更年期障害に伴う不快な症状の代表例として、

 

のぼせ、汗、冷え、動悸、頭痛、眩暈、肩こり、腰痛、不眠、イライラなどといった症状があります。

 

ほてりやのぼせなどと自覚する症状があらわれてから更年期かもと実感する人が多いようです。

 

閉経とは?

 

卵巣機能が落ちてきて卵巣からのエストロゲンの分泌量が低下し、

 

閉経するとエストロゲンの分泌はほぼゼロになります。

 

最後の月経から1年以上月経がなければ閉経と診断されます。

 

エストロゲンの働き(プレモン通販)

エストロゲンの働き

 

エストロゲンは、生理に密接に関わり、閉経までの間生理周期ごとに分泌量の増減を繰り返します。

 

30歳半ばまで、分泌は活発に続きます。

 

この時期は性成熟期と呼ばれ女性のからだの機能が整う頃でもあり、妊娠や出産にも深く関わります。

エストロゲンの役割(プレモン通販)

エストロゲンの役割

 

自律神経を安定化させる

女性ホルモンの減少で脳内の視床下部が混乱し、自律神経も乱れやすくなります

 

視床下部は体温調節や呼吸、消化機能の調節、精神活動などをつかさどる部位なのですが

 

卵巣の機能が衰えると、視床下部からホルモン抽出を命令しても分泌されず、

 

それに対して視床下部は通常の何倍もの命令を出すために、異常な症状があらわれるのです。

 

そこでエストロゲンを外から補充することによりその症状をやわらげることが期待出来ます。

骨を強くする

女性は、閉経を迎えると同時に、骨を作るために必要なエストロゲンの働きが悪くなり、徐々に骨がもろくなってきます。

 

60歳代女性の約30%、80歳代になると女性の60%以上が骨粗しょう症になるといわれています。

 

エストロゲン製剤は骨からカルシウムが溶け出すのを抑える効果が期待できます。

女性らしい体をつくる

思春期においては、乳房の成長や女性ならではのまるみをおびたからだつきになります。

 

身長や体重の増加を促進し、肌や髪にツヤをあたえるのもエストロゲンの働きです。

乳腺の発達を促進

 

乳腺はエストロゲンの働きによって増殖し、プロゲステロンの働きによって発達します。

子宮内膜を厚くし、受精卵の着床を助ける

 

内膜は、卵の成長とともに分泌されるエストロゲンの作用で増殖し厚くなります。

 

また、排卵が近づくとエストロゲンの作用で透明なさらっとした粘液が子宮の頚管から分泌されて精子の受け入れを助けます

脳の働きを活性化

 

理研脳科学総合研究センタースタッフらによる研究成果で、

 

エストロゲンが脳血管を拡張し脳循環を回復させ、

 

記憶を改善する機能を発揮するという、分子メカニズムを解明しました。

コレステロールの排出や分解を促進

 

エストロゲンは悪玉コレステロールの分解・排泄を促進し、善玉コレステロールの合成を促進します。

 

また、血管そのものを保護する働きもあります。

プレモンの効果(プレモン通販)

 

卵巣機能不全症、卵巣欠落症状、更年期障害、機能性子宮出血、腟炎(老人、小児および非特異性)

 

*効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

プレモンの用法(プレモン通販)

結合型エストロゲンとして、成人1日0.625〜1.25mg(0.625mg錠1〜2錠、1.25mg錠0.5〜1錠)を経口投与します。

 

機能性子宮出血または腟炎に対して、1日0.625〜3.75mg(0.625mg錠1〜6錠、1.25mg錠0.5〜3錠)を経口投与します。

 

なお、年齢、症状により投与量は適宜増減します。

プレモンの注意事項

プレモン通販|注意事項1

プレモン通販|注意事項2

*服用中のお薬がある場合は、医師へご相談ください。

 

*ビタミンCを同時に過剰摂取した場合、副作用が強く起こりやすくなり、

 

血栓症などを引き起こす可能性がありますので使用中のビタミンCの過剰摂取はお控えください。

プレモンの副作用

 

プレモンの服用で重篤な副作用は報告されていませんが、

 

軽い症状で、多少のむくみ、体重の増加、若干の乳房の張りなどが報告されています。

 

*副作用の症状が出た場合は服用を止めて医師へご相談ください。

プレモン服用者のレビュー(口コミ)

プレモン服用者のレビュー(口コミ)